求人の面接を受ける時、以前の業務が守秘義務が多い場合の説明法

求人の面接を受ける時、以前の業務が守秘義務が多い場合の説明法

求人の面接を受けるときに、以前の仕事内容に聞かれる場面があります。なぜ以前の業務内容を知りたいのかといいますと、実を言うと、以前の業務内容をそのまま聞きたいわけではなく、業務内容をこなしていく上でどのような工夫をしたのかとか、どのように感じながら業務内容をこなしていったのかということが知りたいため、このような質問をします。ですので、業務内容を聞かれた時には、自分がしていた業務について簡単に話、その業務にどのように携わったのかということに重きを置いて話すのが良いでしょう。しかし、業務内容を話すことができない方もいらっしゃるかと思います。例えば、公的な仕事をしていた方ですと、どのようなしごとをその会社でしていたのか話してしまうと、ほかの方に迷惑がかかってしまう場合もあります。そのため、会社自体から守秘義務を守るようにと通達が来ており、守秘義務を破ってしまいますと、厳罰が与えられるという決まりがある場合もあります。面接を受け違う会社に行くのであれば、そんな守秘義務は関係ないと思いがちですが、いくらほかの会社に転職するとは言っても、最初に契約した際に、一生会社の業務に関しては口外しないという契約をしている場合もあるので、会社から守秘義務を守るようにと言われた項目に関しては、口外するのはオススメできません。

しかし、面接官によっては、どうしてもどのように以前の業務に関わっていたのかが知りたいと思い、こちらが守秘義務なので業務内容については話すことができないと伝えても、業務に関する質問をされる場合があります。その時には、どのように対応すれば良いのでしょうか。一番良い方法なのは、口外できる項目の職務内容のみをお話して、その職務に対して自分はどのように携わってきたのかというように伝えるのが良いでしょう。そのようにすれば、面接に関してマイナスなイメージを与える心配もありませんし、自分の経歴も知ってもらうことができます。

Copyright (C)2016求人の面接を受ける時、以前の業務が守秘義務が多い場合の説明法.All rights reserved.